栃木県PTA連合会会長あいさつ (平成29・28・27年度)

 「スローガン」

 「高めよう 家庭の教育力 学び合い 行動するPTA」

             栃木県PTA連合会長     渡邉 宏幸

  本年度の栃木県PTA連合会(以下 県P連)スローガンは「高めよう 家庭の教育力 学び合い 行動するPTA」です。まさしく家庭教育が基本であり、家庭が教育の原点であります。しかし、現代の生活環境が以前とは違い多様化した環境にあります。家庭や学校、地域が連携して児童・生徒の安全、安心に努め、子どもたちが自ら共に学び成長していけるよう、私たち県P連が研修の場や情報を積極的に提供し、子どもたちの教育環境の充実を図っていきます。

 

 県P連主催の事業「子育てセミナー」を11月に開催します。講師は、一昨年・昨年と大好評だった「花まる学習会」代表高濱正伸先生をお招きしており、日頃気付きにくいことを改めて考えさせられる講演になると思います。よい機会であり、共に学びましょう。

 

 「研究PTA」は、諸課題の再認識、会員同士の連帯感などPTA活動の資質向上につながります。県P連としても各地区と連携・協力しながら、研究推進のためサポートします。また、それぞれの単位PTAにおいても自主研修に取り組み、お互い情報交換しながら組織の発展に意欲的に取り組んでいただければ幸いです。

 

 「情報交換会」は、7地区25市町のPTA連合会(協議会)との連携・協力のため年に2~3地区と実施します。PTA事業の問題点や地域との関わり方、部活動・スポーツ少年団の諸問題、通学路の安全対策などの意見を共有し討議します。さらに、現在のさまざまな問題や未来への発展的な希望などを話し合う栃木県教育委員会との意見交換会も実施します。本年度も関係機関、諸団体等と連携・協力をしながら県P連のますますの充実を求めていきます。

 

 県P連は、共に学び合える素晴らしい組織です。個々の家庭だけでは解決が難しい「ネット社会」に対する向き合い方なども共に考え、生活環境や教育環境がよりよくなるよう活動を展開していきます。

 今、私たち保護者が変わらなくてはならない時代です。物資が豊富にあり情報もたくさんある時代に、子どもたちのお手本となるよう学んでいきましょう。

 県P連は、約15万8千人の児童・生徒の健やかな成長を願い、地区市町P連とともに、さまざまな課題や事業に対し積極的に活動してまいります。今後とも会員の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 

 戻る