栃木県PTA連合会より

〇令和2年8月26日(水)萩生田光一文部科学大臣会見を受けて

投稿日時: 08/26 PTA連合会管理者

令和2年8月25日(火)萩生田光一文部科学大臣による定例記者会見

 新型コロナウイルスに感染した子どもや学校へ差別防止を呼びかける内容でした。
 全国の学校で集団感染が何件かあり、感染した方々などへのいじめや学校への誹謗中傷が起きていることから、児童生徒や教職員、保護者に向けたメッセージでした。
 児童や生徒の皆さんには、「感染した人が悪いのではありません。早く治るよう励まし、治ったときには温かく迎えてほしい。」と呼びかけられました。
 保護者の皆さんには、「自分が差別を行わないだけではなく、身の回りに差別につながる発言や行動があったときには同調せず、『そんなことはやめよう』と声をあげて。」と呼びかけられました。

 まだまだ不安な状況ですが、文部科学大臣のおっしゃるように思いやりの心を忘れることなく、ともに乗り越えていきましょう。
  栃木県PTA連合会長 金田 淳

文部科学省より https://www.mext.go.jp/a_menu/coronavirus/mext_00122.html

児童生徒等や学生の皆さんへ.pdf

・教職員をはじめ学校関係者の皆様へ.pdf

・保護者や地域の皆様へ.pdf

参考資料.pdf