栃木県PTA連合会より

〇令和2年5月28日(木)通常登校に向けて(修正会長メッセージ)

投稿日時: 05/25 PTA連合会管理者

PTA会員の皆様、地域の皆様へ

  栃木県PTA連合会長 金田 淳

 日頃より、単位PTAの活動をはじめ、県PTA連合会の活動、及び新型コロナウイルス感染防止のご協力を賜り、誠にありがとうございます。また、各家庭でのお子様の安心安全の確保と、学習支援、健康管理と様々な面でご協力頂いていますことに、改めて感謝申し上げます。

 さて、メールや報道等でご存知の通り、緊急事態宣言の解除に伴い、県内では通常登校に向け、分散登校などが始まってきております。約3か月ぶりの登校となるとともに、新1年生においては学校生活だけでなく、登下校に関しても不慣れであります。昨年1年間では38万件以上の交通事故と3千人以上の方が亡くなっている現状があります。新型コロナウイルス同様、交通事故に関しても恐れるべきものであり、PTA会員の皆様や地域の皆様には、引き続き子どもたちを見守って頂けたらと思います。その際、事故等への注意はもちろんのこと、感染防止策についてもご留意頂けたらと思います。

 長い臨時休校や、自粛生活の中で、何気ない日常や健康に過ごすせること、学校に通い学べること、命のありがたみなどを深く感じたことと思います。そんな日常を守るために、これからを担う子どもたちの学びや未来を守るために、PTAや地域社会が一体となっての協力や取組が必要となります。皆様どうぞ、緊急事態宣言が解除されたとはいえ、お互いに気を緩めることなく、引き続き感染防止に努めてまいりましょう。

 通常登校にむけて.pdf